Sony
Sony
SNSへの写真投稿に注意

トピックス 2020.02.18 その写真投稿しても大丈夫?SNSでの写真投稿のリスクと注意点

写真に映えるフォトジェニックな被写体を見つけた時に他の人と共有したいと思う感情は誰しも少なからず抱いているものではないでしょうか。

SNSが普及し、手元にスマートフォンがある今の時代では、誰でも簡単に写真を共有することが可能です。

一方で、その共有は個人間だけの共有にとどまらず、広く世界に公開される形となっているものも多く、そこには危険も潜んでいます。

今回の記事ではSNSでの写真投稿にどのようなリスクが潜んでいるのか解説し、楽しく安全にSNS利用するために気をつけておきたいポイントをご紹介します。

個人情報の流出ってどういうこと?何が困る?

個人情報の流出リスク

SNSに投稿した写真には多くの情報が入っています。

投稿者は意識していなくとも、背景標識反射などから個人撮影場所撮影時間が特定できてしまう場合があります。

スマホやSNSの設定次第では写真データに位置情報が埋め込まれるものもあり、気をつけないと知らず知らずのうちに自分の現在地を公開してしまいかねません。

ネット上でストーカー行為を行う人物は、写真の情報に加えてネット上に上がっているあらゆる情報を調べて個人を特定し、ターゲットの生活に直接的に接触を図ります。

2019年10月には、SNSに掲載された写真の瞳に映る景色から自宅が特定されて、アイドル活動を行う女性が襲われる事件が発生しました。

また、ストーカーによる被害でなくともSNSでの投稿で多くの人の注目を集めるバズりやトラブルが原因で個人の特定や非難が行われる炎上などでもネット上の個人情報信用、人間関係ネガティブな影響を受けることがあります。

ネット上に一度拡散した情報はもはや取り消せませんが、ネット上に限らず、あなたの周辺の人物会社や学校などの所属団体に影響が及ぶことまで考えなければなりません。

プライバシーと著作権の侵害について知っておこう

プライバシーと著作権

SNSの写真の投稿は個人情報の特定以外にも、プライバシーや著作権にまつわるリスクをはらんでいます。

写真にあなた以外の人物やその人物とかかわる情報が映り込んでいる場合はプライバシーの侵害について考えなければいけません。

自分の顔や名前、その他の個人情報が他の人の手によって自分の知らないところで公開されることは誰しも快く感じないものですが、これは個人情報保護法によって保証されている権利でもあります。

また、各種の著作物が写真に映り込んでいる場合、著作物には著作権、人ならば肖像権というものが存在するため、これらの写真を許諾なしにSNSに投稿してしまうと著作権や肖像権を侵害してしまうことにもなりかねません。

写真投稿の前のチェックを癖付けておこう

写真投稿時のチェックポイント

著作権や肖像権は侵害に当たるかどうかの判断が難しいものではありますが、SNSで写真の投稿をする際には映り込んでいるものに問題がないか確認するように意識づけておくと良いでしょう。

写真を撮っている時には、写真に写っているものに問題があるかどうかを判断するのは難しいでしょうから、写真を撮影した後、SNSへ投稿する前にチェックをするのがよいでしょう。

自分の個人を特定できる情報場所位置情報が意図せず写真に入っていないかチェックするのはもちろん、そのような写真を共有したい場合には、リアルタイムではなくその場所を離れてから掲載するという方法も有効です。

また写真に映り込んだ自分以外の人を見て、プライバシー肖像権著作権侵害が起こらないかについても今一度確認してください。

SNSという情報を共有するためのメディアの特性を考えれば、たとえ直接顔が見えなかったとしても、他の人が嫌がる可能性のあることはしないというのが最低限のルールでありマナーです。

終わりに

テクノロジーが発達してSNSの利用のハードルが低くなったことにより、意図しない形での個人情報の流出やプライバシー・著作権・肖像権の侵害などが発生しやすくなっています。

過去の自分の投稿を振り返ってみると思い当たる節のある方もいるかもしれませんが、自分が当事者になる可能性を今一度念頭に置いて、適切な利用を心掛けたいものです。

【関連リンク】

・国民のための情報セキュリティサイト SNS利用上の注意点(総務省)https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security02/05.html

・国民のための情報セキュリティサイト 著作権の侵害について(総務省)https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/attention/01.html

・いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備について(文化庁)https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/hokaisei/utsurikomi.html

・SNSへの写真投稿に要注意!(マイナビニュース)https://news.mynavi.jp/article/sns_manners-3/

・ちょっと待って!その写真SNSに上げちゃダメ!(読売新聞)
https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20180426-OYT8T50014/

TEXT:セキュリティ通信 編集部
PHOTO:iStock

あなたの大切なパソコン・スマホを守ります!
世界が認める総合ウイルス対策ソフト

カスペルスキー

この記事を気にいったらいいね!しよう

セキュリティ通信の最新の話題をお届けします。

ページトップ